Gotcha「グループCが『死の組』な理由は、EGがいるからですよ」

Go back to News

SiegeGGによる「ローリー・ランダウン」シリーズ。今月中旬に催されるシックスメジャー・ローリーに出場する各チームの選手たちにインタビューをし、彼らの取り組みについて探っていく。次に話を聞かせてもらうのは、Evil Geniusesのコーチ、Aaron "Gotcha" Chungだ!

This article is translated. You can find the original here: Gotcha: "Group C is called the 'Group of Death' because EG is in it"

Continuumとして知られていた頃から、Evil Geniusesはプロリーグやメジャー大会で何度もタイトルを獲得してきた。これまで一貫して、北米リージョンにおけるまさに随一の、世界でもベスト3に入るチームであり続けてきた。シーズン4では危うくチャレンジャーリーグに降格しそうになったが、シーズン6では調子を取り戻してファイナルズに出場。そのすぐ後にeスポーツ界の老舗企業Evil Geniusesと契約した。だがこうした栄光を経た今、チームは零落ぶりが著しくなっている。

これまではずっと、世界のベストチームの一つであり続けてきた。しかしご存じの通りシックス・インビテーショナル2018では、タイトル防衛まであと1マップというところで、PENTA Sports(現在のG2 Esports)に逆転を許してタイトルを奪われてしまった。その後もEGはシーズン7ファイナルズでも、シックスメジャー・パリの決勝でも、パフォーマンスこそ素晴らしかったものの、G2のロースターに敗れて完全優勝を果たすことができなかった。

つい最近のシーズン9ファイナルズでも、EGは決勝でロシアの巨塔Team Empireによる凄まじい巻き返しに敗れるなどして、優勝は果たせていない。今回は、チームの5人のうち4人にとって五度目のメジャー大会となる。何が何でもEmpireやG2といった当代のベストチームを倒し、北米に2年半ぶりのタイトルを持ち帰ることで、自分たちの存在をシージeスポーツ界のリーダーとして確たるものにしなければならない。

シーズン8ファイナルズ前のEvil Geniusesのロースター左から、nvK、Yung、Canadian、Necrox、Geoometrics

さて、来週のメジャーに出場するその前に、我々はシーズン8ファイナルズ前にコーチとして加入したAaron "Gotcha" Chungに話を聞かせてもらった。その後どう改善し、今回の大会にはどんな期待が持てるのだろうか。

先のミラノ・ファイナルズでは、EGにシックス・インビテーショナル2017以来の世界大会優勝の可能性があると、多くの人たちから目されていました。しかし決勝戦でまたしても敗北しています。この数ヶ月間、ローリーに向けてメンタル面では準備ができているものとして、チームとしてどんなことに取り組んできましたか?

正直、あのミラノ・ファイナルズはうちにとってはご馳走みたいなものでしたし、Empireにも2-0で完勝して然るべきでした。それはみんな分かってた。Team Empireさえも分かってたと思います。ミラノでうまくいかなかった理由の一つは、試合後半の私たちの動き自体が悪くて、決定的なラウンドを何度も取りこぼしたせいです。もう一つの敗因は、単純な話、頭の中がすっかり空っぽになってたんだと思いますね。ミラノでは何にも増して、自分たちとの戦いという感じでした。EGのメンバーは世界のベストプレイヤーで、メジャーでタイトルを持ち帰るのに見合うだけの才能や特技、そして技術をみんなが持っていると今でも信じています。

ここ数ヶ月に渡って、もっとプレイスタイルの面で柔軟になろうと頑張ってきました。それから作戦を確立して、チームワークや修正力も上げるようにして、基本的なシナジーを高めました。今回のメジャーに向けては十分に自信をつけているし、ローリーに参加するチームの中に、私たちのことを考慮に入れてないチームとか、大会で優勝するだけの力がないと思っているチームはいないと思います。

プロリーグの前半戦ではTeam Reciprocityと並んで2位で終えていますが、そのRecや1位のDarkZeroからは1ポイントも取れていません。シーズン10ファイナルズに出るために、後半ではどんな点を変えなければならないでしょうか?

そのチームがベストかどうかを決めるのに、Bo1(ベスト・オブ・ワン)はあんまりベストなやり方じゃないですよ。Bo1ではどんなことでも起き得るという点は、ほとんどのプロが同意してくれると思います。(RogueやDZやSSGといったチームがUSNで、ティア2とかティア3クラスのチームに負けたりするのを見れば分かるでしょう。)たった1マップ勝っただけで、そのチームの方が優れているなんてことにはならないんですよ。

この前Bo1で行われたDZとのプロリーグ戦は別としても、こっちはいつも相手より一枚上手だったんです。Recはいつでも良い試合をするから、戦っていて納得がいきます。でもやっぱり試合自体はやりづらいんですよ。今のところNAでは、他のチームと比べたときRecこそがライバルと呼べると思います。

今シーズンの前半ではRecとポイント同数で二位ですからね。シーズン後半で強気に行くには最高の位置ですし、日本でのファイナルズにはきっと出場してみせますよ。Bo1の全試合で勝ち続けられるようにすること以外は、そんなに多くを変えていく必要はないと思います。

今シーズンの北米プロリーグ、現在の順位表

最近のプロリーグの試合で、これまでメインだったGeoが控えに回って、代わりにあなたが試合に出ていました。6月以降の公式戦でロースター全員が揃わなかったことは、チームとしての一貫性に何らかのダメージを与えたとお思いですか?

自分がサブとして出場しても、チームとしては同じようにプレイし続けられたと思いますが、やっぱりGeoがいないのは(当たり前ですが)チームに悪い影響を与えたのかもしれませんね。たとえば、うちで考えた作戦や、組み上げてきたシナジー、メンタルゲームなどの面で、チームは劇的に改善してきています。

同時に、残念なことに不在のGeoはこうした改善のプロセスに加われていないんです。けれど彼は世界でもトップレベルの選手であることには、多く人たちが頷いてくれると思います。メジャーに向けてブートキャンプで準備していくので、チームを再建していく上で彼のことが問題になるとは思っていません。私がサブとして入った状態でもチームは上手くやれましたから(通常のプロリーグ・シーズンで、3試合合計で7ポイントでした)、本気モードのGeoがいてくれれば、私たちはもっと危険な存在になれます。

Geo (@EvilGeniuses)

ローリー・メジャーのグループ分けが発表されたのは大会の13日前です。これはメジャーへの準備にどんな影響を与えていますか?

正直なところ、発表が遅くてこっちの予定も色々変わってしまったとは思っていません。もちろん、たとえば対戦相手の作戦に強く対抗していくための戦術を組み上げたり、試合動画を検証したり、調査したり、相手を綿密に分析したりするのも重要なんですが、グループステージではあらゆる面での準備が必要になります。

そういうわけですので、グループ分けが発表される前の時点からこっちはメジャーに備えて数え切れないほどの準備をしていますし、グループCを2-0で突破するために、仕事量は今も増え続けています。

皆さんが入ったのは、 Looking for Org (元LeStream)とSpacestation GamingとNinjas in PyjamasがいるグループCです。この発表があった直後から、コミュニティの大多数がここを「死の組」と見ています。このグループ分けは皆さんにとって公平だったと思いますか?

最近ツイートしましたけど、グループCが「死の組」な唯一の理由は、EGがいるからですよ。南米のチームに対して無敗の記録を持っていることとか、以前も試合をしたことがあることとかを考えると、NIPはまったく恐れていません。SSGと彼らのプレイスタイルならとてもよく知ってますし、LFOだっていつでも倒してきました。

というわけで、グループステージを抜けることについてはとても自信がありますが、あらゆる事態に備えて万全の態勢でいきます。できれば前にもあったみたいに、北米の代表としてSSGと一緒にグループステージを突破したいですね。

シックスメジャーのグループ分け

最初の試合はNinjas in Pyjamas。このブラジルチームとは以前にもパリメジャーで対戦していますが、NiPの方は今シーズンのリーグ戦を無敗の状態でローリーへとやってきます。この対戦に向けてどんな準備をしていますか。そしてブラジルチームに対するEGの無敗記録は続くでしょうか?

これまでのところNIPのプロリーグの成績はすごいものですが、こっちは南米チームには長らく負けたことがありません。だから過去のオフラインでの成績一つとってみても、重圧を感じているのはこっちではなくNIPの方だと思います。他のチームに対してもこっちは自分たちの試合をやって、これまでと同じように準備をする。栄冠を手にするためにはそれで十分です。

今シーズンの南米プロリーグ、現在の順位表

ファンの人たちに向かって、他に何か話しておきたいことはありますか?

すべてのEGファンの皆さん、チームのことを愛し、また応援をしてくれてありがとうございます。あなたたちのためにもオフラインで優勝します。EGの青いユニフォームを着てくれる皆さんのために、可能な限りあらゆることをしてメジャータイトルを持ち帰るつもりです。#EGReady

シーズン9ファイナルズでのEGのロースター

 

---

シックスメジャー・ローリー2019は8月12日から18日にかけて開催され、Evil Geniusesはシックス・インビテーショナル2017以来のメジャー・タイトルを欲している。今度のメジャーに関する各種記事や他のチームへのインタビューはこちら。シーズン9ファイナルズのときのNecroxへのインタビュー(未訳)や、シックス・インビテーショナル2019のときのGotchaへのインタビュー(未訳)も一緒にどうぞ。