Skip navigation (Press enter)

「大変なステージでした。もう一回やれと言われたら分からない」、LFOは"ハウスマネー"でメジャーに向かう

LFOはやり遂げた。メジャーのパフォーマンスは重要ではない

Image via Ubisoft/@kirill_vision

シャーロットメジャーで何をしようと、LFOは既に勝利している。 

それは多くのチームが、さまざまな表現で正直に「たくさんの事を学べました」といったことを言うのとは違う。「勝利は期待されていなかったから、何勝であれ勝てたのは誇らしいです」というのとも違う。彼らには「ハウスマネー」があるのだ。これはギャンブル用語で、カジノの金を使ってタダで遊ぶことを指す。

LFOは今ステージが始まってさえいない頃から、多くの困難を乗り越えてきた。Laurie "Lyloun" Lagierによると、Vitalityがシージからの移行を検討しているとチームが知ったのは、クローズドブラケットでのTeam Secretとの試合の前日だったという。Vitalityはその可能性を「外から」聞いてしまい、試合中の感情を複雑なものにしてしまったそうだ。Lylounは、Team Secretに1-2で敗れた理由はそれだけではないとしながらも、「役には立ちませんでした」と語る。

Vitalityが去って行った後、チームには辛い決断だけが残された。ここ数年、いくらか消極的になっている選手が何人かいたので、もう少し火力が必要なのは明らかだった。 

チームに後ろ盾が無い以上、選択肢は限られていた。Vitalityによる金銭面の後ろ盾があれば、新選手の買収資金を捻出できた可能性はあったが、アップグレードのための資金を出す手段はなかった。誰を求めようがチームは下り坂という可能性もあった。結局のところ、ステージが始まる前、今後のことは不透明だった。「そこは言うまでもなく計算に入れていました」と、所属団体なしで新選手を連れてくるリスクについて尋ねられたLylounは言った。「今この時点で、ただ試合に集中して、向上して、それで変化を出すことができるのか。それともまずは家を見つけて、昨年と同じことを維持する必要があって、向上についてはそこから考えるべきなのかってね」

シャーロットメジャーに出場すれば、LFOがどこかの団体にピックされることはほぼ確実だ。たとえ大会そのものでは得るものがなかったとしても。LFOの選手であるValentin "risze" Liradelfoによると、Robin "Robz" Planusが主導する形で、彼らはしばらく前から複数のチームと話し合いを続けているそうだ。

「すべてが大変なステージでした。もう一回やれと言われたら分からない」とLylounは言う。「大変だった。でも間違いなく、この以上ないくらいほっとしてるんです。こんなことを言うと運が逃げていきそうだけど、ここ数日、あるいは数週間は、かなりうまく運んだんですよ…。明らかに、私たちがメジャーへの出場権を得たことを知った途端、シージに興味を示す団体が増えたので…。でも私たちの進む方向は、とても健全だと思います…。まぁいいわ。これで息抜きができるし、やるべき事に集中できます」。

LFOの進む道から暗雲がすっかり流れ去ったことで、メジャーへの準備は突然、比較的簡単なものになったようだ。Lylounとその仲間たちはようやく、次の正念場、次のプレイ、次のラウンド、次のマップが、ヨーロッパリーグ残留の分かれ目なのだろうかと悩まずに、目の前の仕事に集中できるようになった。

LFOの今ステージとメジャーでの活動において鍵を握るのは、ラーカーのNicolas “P4” Rimbaudだ。ヨーロッパリーグでのプレイだと、P4はステージ1のSiegeGGレーティングで7位を記録している。Lylounが言うには、LFOの成功の鍵は、多くのチームと同じようにチームとラーカーの連動性だそうだが、それ以上詳しいことは話せないとのことだ。 

統計を見ると、LFOのラーカーはチームで最もレーテイングの高い選手であり、これは積極性と創造性が高いことを示している。ゲーム内のすべてが新しくなっている今、新しいことを試すのには最適な時期だ。「総じて、一つの大きなメタがあるという感じはしませんね。1つのマップ、1つの爆弾エリアにそれぞれ数個のパターンがあるという感じです」とLylounは言う。 

全体的に、彼女は現在のニュー・ノーマルがチームにとって利益になると思っている。たとえ、彼女がアタッカーリピックをまったく認めていないとしてもだ。EUリーグのプレイでは、Lylounは自分のチームが今最もクレイジーなところの1つであり、見るべきものが色々とたくさんあると述べている。 

とはいえLFOも、メジャーでの成績が芳しくなければ、他のライバルたちと同じように慌てはするだろう。何はともあれ、向上したと思しき新たなロースターと、新たな後ろ盾を得た彼らのストーリーはまだ始まったばかりだ。