Skip navigation (Press enter)

「でかいカメレオンみたいになるんだ」、Budegaの語るXSETの"アクションスタイル"とは

北米に新スタイルをもたらすと請け負ったXSETのコーチは、その約束をほとんど果たしている

Image via Ubisoft/@itsmeERROR

Matheus "Budega" Figueiredoが言うには、XSETはまだ、彼がMiBRに持ち込んだことで有名な「アクションスタイル」ではプレイしていないそうだ。 

アクションスタイルが直感的にできるようになるには、しばらく時間がかかるのだろう。基本的にそれは、あらゆる想定を無くすことだとBudegaは説明する。他の地域よりも構成のしっかりしている北米のチームは時として、同じく構成のしっかりした他のチームが、一つのアクションに対して一つのリアクションを返すだろうと考える。自分がルークを取るなら、向こうはビショップを動かす、といった具合にだ。アクションスタイルとは、何かを当然のものと思い込むのではなく、そこにある隙を素早く見つけることだ。 

しっかり構成されたスタイルだと、選手は大抵の場合、数少ない目標のうちの1つしか選べない。アクションスタイルは、相手の次の一手を積極的につかんでいく。思い込みで動くのではなく、その動きを素早くつかむことを心がけるのだ。 

Budegaが言うには、それを習得するのは簡単ではないものの、それができるロースター、つまりかつてのMiBRチームと同等か、それ以上の力を発揮できるチームを組み上げたそうだ。「『アクション』をするには、でかいカメレオンのようになる必要があるんです」とBudgeaはSiegeGGとのインタビューで語った。彼が続けて言うには、それはいかなるときでも、最も有り得る状況にその身を置くことだそうだ。必ずしも超攻撃的になるわけでも、超受動的になるわけでもない。ただ目に見えているものに基づいて決定し、事前にプランを決めることはない。

今シーズンの立ち上がりでは、XSETは苦戦を強いられていた。今となってはその疲弊ぶりが知られたTSM FTXに粉砕され、Spacestation Gamingには3-0でリードした後、7-3で惨敗した。Budegaの説明によると、チームは若く、一触即発となる瞬間が何度かあったそうだ。しかし、2週目になるとそれも一変し、Zachary "SpiritZ" Dionneが単独IGLとなったことで落ち着き始めている。 

最初の2試合の後、XSETに火がついた。減速させられたのは、リーグ戦をリードするAstralisとOxygenが相手のときだけで、それぞれオーバータイムで7-8で敗れていた。 

シャーロットメジャーが迫る今、彼らはファンやアナリストが選ぶダークホースとしての地位を築くだろう。 

XSETは毎週のように向上を続けており、経験もまったく足りていないわけではない。Evan "Yoggah" NelsonとLeo "Kyno" Figueiredoはシックスインビテーショナルに2回、メジャーに1回出場しているし、SpiritZもSIに1回出場している。Budega自身もチームのコーチとしてSIでベスト3となった。選手たちは若いが、お子様のチームではない。 

彼らがかの有名な 「アクションスタイル 」を身につければ、とんでもないチームになるだろう。ひとたびアクションスタイルを駆使してペースを掴む術を学べば、機械的なスキルで試合を完全に支配できる才能に満ちあふれている。Budegaは「時間の問題です」と語る。「長年の練習と、長年の経験が必要ですが…、時間とともに実現します」

「チェスゲームなんです」とBudgeaは言う。アクションとは成功に通じるプレイの一つなのだ。 

それがどういうものなのかを説明されると、確かに最善策のように思える。マッププールが新たに9つになったことで、準備とマップごとの対策は二の次程度で、有効な対策を大量に持っておくことも難しくなり、さらにアタッカーリピックによって攻撃側は以前より素早くプレイできるようになっている。 

さらなる練習を積んでいくことで、初日の結果がどうだろうと、トーナメントが進むにつれてXSETが向上していく姿を見ることができるだろう。Budegaによれば、XSETはシーズンが始まる前に1ヵ月分のスクリムを行っており、ステージ1で行ってきた作業のうちの一つは、互いの特定のプレイスタイルに慣れることだったそうだ。 

では、現時点におけるチームの強みは何なのだろうか?Budegaは、コーチングスタッフやSpiritZが作っているものを完璧に「再現」できること、そして「学ぶのがクソ早い」ことを挙げている。 

いずれにせよ、学びが早いに越したことはない。メジャーでの対戦は過酷で、1日でも悪いことがあれば、XSETがプレイオフにたどり着くチャンスは沈んでいってしまう。しかしデータ上では、このロースターはスタートが遅くても、その後に素晴らしい結果を残すことが分かっている。 

XSETはこれから5月16日に始まるシャーロットメジャーのサーバーに乗り込み、北米リーグでのステージを通してどれだけ進歩したかを見せてくれることだろう。