Skip navigation (Press enter)

APACのプロリーグは1月16日より再開

All news

アジア太平洋のシーズン9の中に好きなチームを見よう

This article is translated. You can find the original here: APAC Pro League Returns 16 January

NAのプロリーグSeason9は既に開始され、ESLは来週 よりAPAC(アジア太平洋)のプロリーグ始まることを発表した。1月 16日より全ての地域の試合が始まることになります。

試合はいつから

各日の試合は現地時間の19時より始まる。日本と韓国では 19時に、東南アジアでは 日本時間の20時に、オーストラリアとニュージーランドでは 日本時間の17時に始まる。

前シーズンまでは、試合はいつも水曜日と木曜日だけであった。しかし、今シーズンは第一週間目と第二週間目、金曜日にも試合がある。2月にはsix invitationalの準備や移動のためにシーズンブレイクがあり、プロリーグの試合が行われない。APACのプロリーグの最終週の試合は、同日にまとめて行われ、おそらく同時に実行されることとなっている。

知っているマッチの日付は:

  • 1週間目: 1月 16日、17日、18日
  • 2週間目: 1月 23日、24日、25日
  • 3週間目: 1月 30日、31日
  • 4週間目: 3月 13日、14日
  • 5週間目: 3月 20日、21日
  • 6週間目: 27日

進行形式は

シーズン8のアジア太平洋のLANで 野良連合は 最初に終わった。

シーズン8と同様に、各チームは対戦チームに対して双方のBo1(Best-of-One)ゲームを続けてプレイする。毎週2日間開催されるが、APACは3日間開催の週もあるため、他の地域よりも短い期間でプロリーグを終える。これは、ビザ申請などで時間がかかることが配慮されている。選手はAPAC LANのSeason finalの準備を整え、そこを突破した場合はプロリーグのWorld Finalに備えることができる。

誰が 加わるか

GOSUを 注目した方がいいのは、北米から Mas選手とFightiR選手が そのチームに入れたので。

チームは:

  • オーストラリアとニュージーランド: Fnatic (フィナティック)、 0RGL3SS(オーグレス)「シーズン8には、アスレティコ・eスポーツというチームだった」、Dark Sided(ダーク・サイディッド)、 Onyxian (オニクシアン)、Avant Gaming (アバント・ゲーミング)、Taboo (タブー)、Mindfreak (マインドフリーク)、そして Lowkey Cardinal (ローキー・カーディナル)。
  • 日本: 野良連合、戦国ゲーミング・エクスタシー、ファブゲーミング、 AFFLICT ReV(アフリクト・レブ)、CYCLOPS Athlete Gaming(サイクロプス・アスリート・ゲーミング)、Rsk Ninjas Gaming(アール・エス・ケー・ニンジャズ・ゲーミング)、父ノ背中、そして SCARZ(スカーズ)。
  • 韓国: Mantis FPS (マンティス・エフ・ピー・エス)、AsB (アスブ)、Team uR (ティーム・アー)、Legacy (レガシー)、Ageless Blue (エージレス・ブルー)、そして 3つ知らないチームだ。
  • 東南アジア: Aerowolf(エアロウルフ)、 Xavier Esports(ゼビア・eスポーツ)、 GOSU(ゴス)、 Ferox E-Sports(ファーロックス・eスポーツ)、 INTelligent YesTag(インテリジェント・イェスタグ)、 Generic Esports(ジェネリック・eスポーツ)、 MBT Impetus(エム・ビー・ティー・インペタス)、 そして Team DAD1 (ティーム・ダッド・ワン)。

試合はどこで見られるか

下記のTwitch channelで各地域の試合を視聴できる。

1月 16日に プロリーグを見よう!