Skip navigation (Press enter)

「カチっとはまる時間だけが必要だったのさ」、Canadian加入のDarkZeroは日々向上中

インビテーショナルに向け、DarkZeroは自信に満ちている

Image via Ubisoft

DarkZeroの2021年シーズンは、波乱に満ちていた。 

Mexico Majorでは、2名の選手が新型コロナウイルス感染症の陽性診断を受けたことにより、後に大会チャンピオンとなるTeam oNeに準々決勝で止められた。Sweden Majorでは、立ち上がりに失敗してグループステージで敗退してしまった。2020年シーズン終了後にMatthew "Hotancold" Stevensが離脱したことを含めると、DarkZeroは2021年シーズンに9人の異なる選手をロースター入りさせてきた。インビテーショナル後には、Alex "Skys" Magorが配信のアナリストになり、その後Spacestation Gamingに移籍したことで、チームにはぽっかりと穴が空いていた。 

「1つのチームが3ヵ月で頂点に立つことを期待するのは、正直言って馬鹿げている」と Troy “Canadian” Jaroslawski言う。確かに、CanadianはDarkZeroにとって明白な最後のピースだが、9月に正式加入したばかりだ。選手が加わるたびに、チームは役割を調整して安定して動けるようにしなければならない。 

今のところそうした安定感は完全には実現できていないが、兆候はある。 

北米リーグの成績では、DarkZeroはファイナルのトーナメント準決勝でSSGに2-1で圧勝している。「国内の大会はちょっと勝手が違う。重要なのは世界大会への出場権を獲得することだけだ」とCanadian言う。リージョン・ファイナルはそれほど重要視していない彼だが、個人が何をどの程度重視するかはその人次第だとも付け加えている。 

ここ最近の世界大会では、北米リージョン全体がさまざまな理由からうまくいっていない。メキシコでは北米から2チームを準々決勝に送り込んだものの、共にそのときのメジャーの決勝に進出した2チームに敗れ、成績は芳しくなかった。スウェーデンではさらに悪化し、プレイオフに進出できたのはSSGだけ。そのSSGも、最終的に準優勝となるNiPに蹴り落とされてしまった。 

北米では風評や煽り、「Near Airport」のコピペネタが絶えない。まだ完全におしまいというほどではないが、昔の方が間違いなくもっと強かった。とはいえ、過去2回のメジャーはもう終わったことで、今は今だ。Canadianは、チームとしてのDarkZeroはそれぞれの役割が定まってきたと見ている。「チームとしてどのように試合をやりたいか、全員がよりよく理解できるようになってきた」と彼は言う。「シージは状況判断がかなり重要なゲームだから、チームメイトとそれぞれの状況でどうプレイするか、事前に何でも理詰めで準備するわけにはいかない中で、どうやって手助けするかを理解しておく...、それだけでも大きな違いがあるんだ」。

いずれにせよ評論筋は、北米チームが褒めちぎられたり叩かれたりしているのを見てその意見を決めるわけではない。北米勢はこの競技シーンでも特に資金力があり、歴史的にも競争力のあるチームだ。他の地域のレジェンドたちが移籍し、消えていった中で、北米の巨人たちはいまなお健在だ。Dylan "Bosco" BoscoとCanadianはインビテーショナルで2度チャンピオンになっており、Oxygenの中核選手らは長きに渡って世界で波を起こし続けている。キャリアの長さと過去の成功は、期待へとつながる 。インビテーショナル、メジャー、プロリーグのファイナルを制した他の選手たちも、成績不振のときは同じように白い目で見られてきたものだ。 

「今の北米が歴代最弱だとはまったく思っていない」と Canadian言う。彼はさらに詳しく、『レインボーシックス シージ』のヒエラルキーにおいて、南米以外の3地域の順位付けを議論することは実質無意味であることを語ってくれた。どの地域にも傑出したチームがあるものの、ブラジルがすべてを支配している今の時代では、どこも脇役にされている。 

1つのチームとして、インビテーショナルでDarkZeroに期待することは?チームとして、もっとマウスを「カチカチ」し続けることだけだ。「カチっとはまる時間だけが必要だったのさ」とCanadianは言う。「俺がSSGに入った時と同じだよ。俺たちはちょっとウマが合ってなかったんだが、3ヶ月後にはすごくいいプレイができるようになったんだ」。

DarkZeroは、シックスインビテーショナルが始まる2月8日にSIサーバーに乗り込む。

(訳注:Canadianの言うClickは、「マウスをクリックする」ことと「意気投合する」ことのダブルミーニングになっている)