Skip navigation (Press enter)

Japan Championship 2021ファイナルラウンド:徹底解説

10月28日からはいよいよ、今年の日本チャンピオンを決めるRJCファイナルラウンドがスタートする

賞金総額1,500万円を誇るJapan Championship 2021 (RJC)は、東京ビッグサイトを舞台に、10月28日から31日まで無観客でのオフライン・ファイナルラウンドを開催する。

日本のベスト12チームによるこのトーナメントに向けて、以下にその全情報をお届けしよう。

リンク:

出場チーム

日本のシージ競技シーン最大のトーナメントであるRJCは、9月にその予選がスタートし、8チームが勝ち残った。この8チームに、Rainbow 6 Japan League 2021 (RJL) のベスト4チームを加え、今年の「ファイナルラウンド」が行われる。

RJC予選を突破した8チーム

  • EVA: e -- ekus99, Maavi, Reira, SIFTY, amb3rxd, Y4
  • BLUE BEES -- polung, RuRn, Nellfq, sayochan, YOWAMU
  • Gyogun -- IREBA, K3rry, NoeXr, Lambor, O-iOcchan
  • ORTHROS GRIT -- Siru, Vbort, Acerola, Mqo, Tyopiii, Karu2k
  • Zepto -- TaiyoGA33, Pyon, Wqsyo1, REChaaaaN, LuA
  • Crest Gaming Lst -- ariya, Eclair, RABBIT, Ruruta, Wh1skey, OkOmEsH
  • DONUTS USG -- Kawa, Perro, DD, Rento, Aokayu
  • REJECT -- Window, solty, VaNiSh, NoTimeGG, Take, tadaNiki

RJL 2021のベスト4チーム 

  • Cyclops athlete gaming -- Anitun, SuzuC, gatorada, BlackRay, Ayagator, Fuji3 (Coach), Hybrid (Analyst)
  • Sengoku Gaming --  A1kyan, YahooN, ReyCyil, Ramu, febar,  Sironeko, Norio (Coach)
  • FAV gaming -- Taipon, Afro, ShiN, No2, K-RAISER, Luugator, OdeNMiso (Coach)
  • GUTS Gaming -- Lily, JJ, Li9ht, Yura, Merieux, cloud (sub), Joghurt (Coach)

疑いなき優勝候補は、Cyclops athlete gaming (CAG)だ。このチームはRJC 2020のチャンピオンであり、RJL 2021で14勝無敗という信じがたい成績を残したチャンピオンでもある。APAC Northステージ3では4位となり、その後プレイオフで敗退してスウェーデン・メジャーへの出場はかなわなかったものの、持ち前のユニークさを取り戻してくれれば、日本国内のシージにおいては向かうところ敵なしだろう。

RJC 2021ファイナルラウンドの対戦表

 

Sengoku Gaming (SG)もファイナリスト候補に挙げられる。彼らはRJL 2021の準優勝チームであり、来たるAPAC North入れ替え戦での有望なチャレンジャーだ。グランドファイナルまでCAGと対戦することはないため、SGが組み込まれた対戦表の右の山は、彼らにとって比較的「良い」顔ぶれと言えそうだ。ただしFAV Gamingを忘れてはならない。FAVはAPAC Northステージ3では予想外の低調さで8位となり、入れ替え戦への出場も既に決まっているものの、新選手LuugatorもいるためRJC優勝の見込みは今なお十分にある。

挑戦者たちの真価については、全く不明と言って過言ではないだろう。元Luster7ロースターから成るBLUE BEESは、夏のオープン予選(RJO)シーズン2における優勝チームで、DONUTS USGはRJOシーズン1の準優勝チームだ。いずれもファイナルラウンドに至るまでに、令和ゲーミングやLag Gamingといった多くの有力なチームを倒している。

活きの良い新チーム・魚群は元モバイルバッテリーのロースターで構成されており、 ORTHROS GRIDとともにその才を発揮し、予選ではYoshimoto Gaming LamyやNORTHEPTIONといったプロチームに勝利している。今年の10月は、日本のシージ界における新世代の誕生が見られるのかもしれない。

一方、対戦表の左の山には有力チームがすし詰めになっている。予選が終わった直後に行われた悲劇的な抽選会により、こちら側にある6つの枠には、RJLの7チームのうち実に5チームが集まってしまった。

RJLで5位となったREJECTは、2021年のシーズン開始時はチャレンジャーの一人にすぎなかったが、RJLでの苦しい試合を乗り越え、tadaNikiのような新選手も加えつつ急速に成長。2022年のAPAC Northリーグ入れ替え戦にも出場が決まっている。彼らのすぐ隣にいるEVA:eもまた、対戦表上ではCAGと激突する可能性がある。EVA:eはRJLでは8位に終わり、RJL 2022の入れ替え戦に組み込まれはしたものの、予選をグループ1位で突破と、今なおその実力を証明し続けている。

GUTS Gamingはステージ3で2位となり、あと少しでスウェーデン・メジャーに手が届きそうだったが、プレイオフでDWG KIAに敗れその機会を逃している。しかしながら、シーズン中盤でリーダーのCrazyPapiyoNが、かの名選手Merieuxと入れ替わったことにより、撃ち合いと戦術の両面でさらにバランスの取れたチームとなっている。そんなGUTSが対戦するのはCrest Gaming Lst (CGL)だ。CGLもまた堅実な撃ち合い能力を持った成長株で、RJLの後半戦からは、若くして熟練したガンファイターのOkOmEsHが加わったこともあり、RJCでも予期せぬドラマを生む可能性がある。

最後に紹介するZeptoは、RJOシーズン2の準優勝チームであり、国内最大級のアリーナへの出場が長らく待ち望まれていたチームだ。彼らもまた、この秋に番狂わせを起こしてくれる可能性を秘めている。

大会日程

RJC 2021ファイナルラウンドは10月28日から31日まで、以下の日程で開催される;

  • 10月28日
    • 第1回戦 (1/2):
      • CAG vs REJECT
      • GUTS vs CGL
      • SG vs BLUE BEES
  • 10月29日
    • 第1回戦 (2/2):
      • FAV vs ORTHROS
    • 準々決勝 (1/2):
      • EVA:e vs (CAGまたはREJECT)
      • Zepto vs (GUTSまたはLst)
  • 10月30日
    • 準々決勝 (2/2):
      • USG vs (SengokuまたはBLUE BEES)
      • Gyogun vs (FAV またはORTHROS)
    • 準決勝 (1/2):
  • 10月31日
    • 準決勝 (2/2)
    • 3位決定戦
    • グランドファイナル

全試合BO3。日本のキャスター陣による試合配信は、レインボーシックス日本公式YouTubeチャンネルで視聴できる。RJCを主催するX-MOMENTのYouTubeチャンネルでは、ゲストによるサブ配信が行われる。

賞金・RJL入れ替え戦出場権

RJC 2021の賞金総額1,500万円は、以下のように分配される;

  • 優勝 -- ¥8,000,000 / RJL入れ替え戦参加権*

  • 準優勝 -- ¥4,000,000

  • 3位 -- ¥1,500,000

  • 4位 -- ¥500,000

  • 5~8位 -- ¥250,000

(*RJLやRJOを通して既にRJL入れ替え戦への参加権を持っているチームは、これを獲得しない。RJCファイナルでベスト8に入ったチームのうち、最上位の1チームに参加権が与えられる。ベスト8が除外チームで占められる場合、RJOでの順位が最上位のチームが参加権を得る。詳細は大会規約を参照)


世界のシージeスポーツに関する報道やチームの最新情報が知りたい方は、引き続きSiegeGGのアップデートをお見逃し無く。