Skip navigation (Press enter)

野良連合NRGが「ジャパンナショナルズ2020」シーズン1を制覇

ティア1チームからアマチュアまで52チームが激突し、野良連合NRGがシーズンチャンピオンの座に輝いた

野良連合NRGが「ジャパンナショナルズ2020」シーズン1を制覇

各国のシージ国内大会の中では最大の賞金総額500万円を誇る「ジャパンナショナルズ」のシーズン1ファイナルが、先週末の6月6日と7日にわたって行われた。

Roadmap of Japan Nationals 2020. (Image: R6 Esports Japan)

Day 1 Roundup

Day1ではベスト16までの試合が行われた。4月と5月に行われていた予選ではアマチュアチームはほとんど目立たず、有名どころのプロチームが順当に勝ち上がっていく姿が多く配信されていたため、今回のシーズンファイナルでもプロリーグ・シーズン11参加チームが上から順番に席を埋めていく様子が想像されていた。

しかしいざトーナメントが始まってみると、誰も予想していなかった展開となる。ベスト32の試合ではAPAC Northチームである野良連合が、アマチュアチームながら競技シーンに長らく参加してきた中堅どころのYOBAsに僅差で敗北した。とはいえNoraはYuta "YUTA INOUE" Inoue (formerly ReyCyil) をTomohisa "Simotuki" Imotoと替えるロースター変更をしたばかりだったので、チームの練度を考えると、視聴者としてはまだ起こりうる範疇として解釈できた。

ところが続くベスト16から波乱が本格化していく。APAC North出場チームであるFAV gamingODDEYE KOBEに敗れると、さらに国内の有名どころであり優勝候補にも挙げられていたNORTHEPTIONSIRIUS GAMINGFather's Backが、それぞれFaisaruYOBAsえりーとざっきおくんの前に次々と敗れていく。続くベスト8ではGUTS Gaming野良連合NRG (野良連合の国内大会チーム)に7-8で倒され、さらに優勝候補筆頭とされていたCYCLOPS athlete gamingに対してはYOSHIMOTO Gaming Lamyが8-6と大金星を上げる。こうしてDay1終了時点でAPAC Northの日本代表4チームがすべて敗退し、他の優勝候補チームもほとんどが道半ばで力尽きる予想外の事態となった。

Day 2 Roundup

Season Finals Day2 Bracket from best 16

思いがけない展開となったシーズンファイナルにコミュニティがざわめく中、翌Day2では準決勝戦、野良連合NRGとYoshimoto Gamingの試合が配信された。どちらも成績上では格上とされるチームを倒しての対面だ。第1マップのテーマパークはYoshimoto側のピックであったため、どんな策が見られるのかに注目が集まったものの、NRGはSoltyのKaliが美しいスナイピングを見せるなどして大活躍し、7-3でNRGがマップポイントを獲得した。第2マップの海岸線はNRGのピックであったこともあり、Yoshimotoはほとんど何もできず7-2でNRGが決勝戦に進出した。

決勝戦はNRGと、えりーとざっきおくんを2-0で破ったFaisaruの対決となった。第1マップのカフェはFaisaruのピック。Thatcher、Thermite、JagerがBANされたことで大味な戦いが予想され、試合の序盤こそFaisaruの勢いに押されていたNRGだったが、徐々に対応しながら一進一退の攻防を抜け出し、7-5でマップポイントを獲得した。第2マップのテーマパークをピックしていたのは野良連合NRG。攻撃オペレーターのうちKaliとThatcherがBANされるも、NRGはドローンを最大限に活用した情報戦で優位に立ち続け、攻撃で4-2とリードする。防衛に転じては、ベテランプレイヤーiZROの大胆なピークがや繊細な立ち回りが着実に差を作り出し、このマップだけで17キルと活躍した。NRGはテーマパークを7-3で制し、ここに「ジャパンナショナルズ」シーズン1のチャンピオンが決定した。

トーナメントの半ばこそ激しい番狂わせが見られたが、最後までステージに立ち続けていたのはNRGだった。昨年度の「R6 Festival」でも準優勝で終えていた彼らが、メンバーを2名変更しつつもチームとして高いクオリティを維持し続け優勝を果たしたのは、日本シージコミュニティも納得のいく最終結果だったと言えるだろう。

Season 2 Schedule

シーズン1ファイナルが終わったばかりだが、シーズン2の日程も既に発表されている。また、両方のシーズンのトップ2チームがその後に行われるオンラインファイナルで対決する予定だ。

予選Day 1: 6月27日
予選Day 2: 7月4日 (Day1でグループ優勝したチームは出場不可)
予選Day 3: 7月11日 (Day1かDay2でグループ優勝したチームは出場不可)

シーズン2ファイナルDay 1: 7月25日 (オンライン)
シーズン2ファイナルDay 2: 7月26日 (オンライン)

オンラインファイナル: 8月30日

Streaming

これから始まる「ジャパンナショナルズ」シーズン2も、以下の3つのウェブサイトおよびシージ公式ツイッターから配信される。

---

「ジャパンナショナルズ」に関する今後の情報も、SiegeGGをチェックしに来てくれ。