EUチャレンジャーリーグ:予選突破4チーム紹介

Go back to News

オープン予選が終わって1ヶ月。ほんの9日前にはSalamanderの資格剥奪などがあったEUチャレンジャーリーグだが、間もなく最初の4試合が始まろうとしている。

This article is translated. You can find the original here: EU Challenger League: Meet The Four Qualifier Teams
バナー画像:ESL

とりわけ高い期待がもたれている今シーズンのヨーロッパ・チャレンジャーリーグでも、8つのチームが4つのエキサイティングな試合を繰り広げる。今季は昨シーズンのリーグ戦で最終順位がそれぞれ4位と3位だったKkona Kkopteri (前GoSkilla) とTrust Gamingに加えて、Team Secretと、前Natus Vincereの面々から成るOrgLess(無所属)チームが参戦する。残る4つの参加枠に入ったのが、4回に渡るオープン予選を勝ち抜いてここまでやってきたチーム、forZe、Team BDS、GameWard Team、そしてSYZYGYだ。

彼らの活躍を見逃した? 心配ご無用。これら4チームの来歴について、ざっくりとまとめてみた。

第1回予選優勝チーム: forZe

ロースター: KaMa、Rask、Shockwave、p4sh4、cawkx

予選での成績(準々決勝以降): Team BDS (7-3)、Supremacy (7-1)、x6tence (2-1)

シックスメジャー・ローリーでのforZe (写真はforZe公式より)

同じロシアのチームであるTeam Empireに続く形で、forZeも組織立ったプレイングで並み居る敵を粉砕してきた。スペインのチームx6tenceと戦ったBo3による決勝戦でも、少しばかり反撃を受けて2マップ目のクラブハウスを落としただけだった。

彼らロシアのロースターは、第1回予選では終始優勝の本命だった。以前もチャレンジャーリーグに参加していた Supremacyのようなチームや、x6tence、Team GamerLegion、そしてTeam BDSといった他の強豪たちでさえ、この露製マシーン軍団を止めることは叶わなかった。実際10マップをプレイして、彼らが落としたのは全体でx6tence戦での1マップだけだった。

以前から、このロシアン・ロースターは世界中のシージ・コミュニティにおいて、無名チームとは程遠い存在だった。チャレンジャーリーグ予選が行われる1ヶ月前には、forZeはシックスメジャー・ローリーの予選でTeam Vitalityを一度、Chaos Esports Clubを二度倒して本戦への出場を決めていた。さらにその前には、Russian Major Leagueのシーズン2オフライン・ファイナルズのトーナメント内で、絶対不可能とされていたTeam Empireの撃破にも成功した。これによって彼らはG2 Esportsと同じく、Bo3もしくはそれ以上の試合でEmpireを倒した、非常に数少ないチームとなった。

Empireに勝利した数週間後、シックスメジャー・ローリーに出場したforZeは、チャレンジャーリーグ級のチームとは思えない大暴れをしてみせ、彼らの力を疑う者たちが間違っていたことを証明した。Team Secretと並んで、forZeもまたプロリーグ・シーズン11への出場を見込まれた挑戦者だ。

第2回予選優勝チーム: Team BDS

ロースター:rxwd、Shaiiko、Renshiro、Panix、RaFaLe

予選での成績(準々決勝以降): Team MCES (8-6)、AVANGAR (8-6)、AVANGAR (2-0)

DreamHack MontrealでのTeam BDS  (写真は DreamHack公式より)

第2回予選を勝ち上がったのはTeam BDS。このチームのロースターは、PaniやRaFaLe、Renshiroといったプロリーグ経験のある選手たちに、おなじみ元beGeniusのShaiikoを加えた陣容となっている。forZeとは対照的に、Team BDSは予選の全試合で苦戦を強いられていた。どの試合でも、オーバータイム12ラウンド以上までもつれた末での勝利だった。彼らにとって試練となったのは、恐らくTeam MCESとの一戦だろう。このフランスチームには大逆転という形でしか勝つ術がなかった。その後、ウィナーズ・トーナメントの決勝でもオーバータイムでAVANGARを追い落としたTeam BDSは、予選決勝でまたしてもAVANGARと対峙する羽目になってしまった。とはいえスイス企業にスポンサードされたこのフランスチームは、決勝でAVANGARを2-0と苦も無く破った。

しかしTeam BDSの新の実力が明らかになったのはその数週間後、DreamHack Montrealでのことだった。BYOC(現地参加)トーナメントから勝ち上がってきた彼らはグループステージへの進出を果たしたのだが、そのグループはTeam LiquiにLuminosity Gaming、そしてシックスメジャー・ローリーの準優勝チームG2 Esportsがいるという大激戦区だった。

最初のG2 Esports戦を0-2で落としたTeam BDSだったが、あらゆる前評判を覆してルーザーズ・マッチではLuminosityを倒し、さらにG2へのリベンジを試みた。そして二度目の対決では、銀行と領事館でG2に勝利した。準々決勝まで進出した彼らは、北米のプロリーグチームDarkZeroも2-1で撃破した。とはいえその勢いもTeam SoloMidに断たれてしまい、最終成績で優勝を果たすことはできなかった。

第3回予選優勝チーム: GameWard Team

ロースター: Aherys、AvenQo、Kaktus、M4DMAN、Liven

予選での成績(準々決勝以降): SYZYGY (1-0)、Mkers (7-3)、x6tence (2-1)

The GameWard Teamシージ部門のロースター (写真はTeam GameWard公式より)

2つの強豪チームが既にオフライン予選を抜けてチャレンジャーリーグへの参加を決めたその後は、GameWard Teamの出番がやってきた。このフランスチームは第1回と第2回の予選にも出場していたが、最高成績はルーザーズ・トーナメントのベスト16にすら入らないものだった。しかし何人かロースターを入れ替えたことによって、第3回予選でも激闘の中に舞い戻ることができた。

しかし第2ラウンドでMkersに敗北したこのチームはルーザーズ・トーナメントに脱落し、早くも残る全試合を勝ち続けなければならなくなった。しかしM4DMANに率いられたロースター陣はルーザーズ・トーナメントから無事生還、さらにはイタリアチームのMkersに対するリベンジも果たした。予選決勝の対戦相手はx6tence。第1回予選の決勝でforZeに敗れたこのチームだが、今回こそ優勝の本命だった。残念ながらこのスペインチームは、ここで再びCLへの参加を逃すこととなった。彼らに代わって、GameWard Teamが参加枠に飛び込んだ。

かくしてチャレンジャーリーグ・デビューを決めたGameWard Teamだが、フランス国内リーグでは既にプロリーグチームのVodafone GiantsやTeam Vitality、PENTAと対戦したことがある。こうしたチームとも激闘を繰り広げ、中でもPENTAとは2回戦って共にドローで終えている。だが国内リーグでの順位は現在7位、オフラインへ出場できる4位のチームとは5ポイント引き離されている形だ。

第4回予選優勝チーム: SYZYGY

ロースター: Avadentt、Darkwin、Duckii、Neox、Nztro

予選での成績(準々決勝以降): Mkers (7-3)、Mr. Krowleys Boys (1-0)、Salamander (0-2).

4回に渡って行われた予選のうち、最も予想外、そして最も物議を醸す結果となったのがこの第4回予選だ。フランスチームSYZYGYは、ベスト32の時点でMkersに敗れ、決勝まで辿り着くには夥しい数の試合を勝ち続けなければならなくなってしまった。だがGameWard teamとまるで瓜二つの格好でMkersへのリベンジを果たし、ルーザーズの決勝までやってきた。ルーザーズ決勝では対戦相手の資格喪失で勝利し、その後の予選決勝で敗れてしまったSYZYGYだったが、このときの対戦相手であるハンガリーチームSalamanderには出場資格のない選手がいたことが明らかになり出場権消失、繰り上げでチャレンジャーリーグへの参加が決まった。

ロースターの中核を成すのは、かつてシックスメジャー・ヨーロッパ・クローズド予選でDon't Panicとしてプレイしていた面々だ。そのとき1-2で負かされたOrgLessチームが、チャレンジャーリーグ第1戦の相手となる。メジャーの予選では、ドイツのOrgLessチームに敗れた後、Mkersや、当時PENTAを破ったeWorld In Progressにウィナーズ・トーナメントで勝利した。しかしDon't Panicの勢いはNatus Vincereに0-2と阻まれてしまった。

此度の試合が始まる直前となっているが、SYZYGYはPrimaLをThomas "Neox" Dumontを交代する旨を発表。ぎりぎりでのロースター変更だった。

---

ヨーロッパ・チャレンジャーリーグは日本時間で9月27日の午前2時、SYZYGYとOrgLessの試合から始まる。その後はTeam BDSとTrust Gamingが対戦し、GameWard TeamはKkona Kkopteriと顔合わせ。そしてTeam SecretはforZeに対し、初日にして今シーズン最大と思われる真っ向勝負に挑む。