Skip navigation (Press enter)

APACプレビュー(9月18日) - プロリーグ再開

ほとんどのAPAC地域でプロリーグ・シーズン10が再開するのに合わせて、SiegeGGで今週の注目点を押さえておこう

APACプレビュー(9月18日) - プロリーグ再開
This article is translated. Read the original: APAC Preview (Sep 18) -- Return of the Pro League

プロリーグやその他の試合は、オーストラリア・ニュージーランド(ANZ)、東南アジア(SEA)、そして日本を除いたすべての地域で延期となっている。つい先日その幕を閉じたDreamHack Montrealの後、観客は新たな興奮を求めて今週行われる各試合にチャンネルを合わせていくことは間違いない。ここでAPACリージョンの、9月18日以降の注目点を押さえておこう。

Australia-New Zealand (ANZ)

要約すると、シーズン10の前半が終わった時点で、最近Wildcard Gamingと契約した元0RGL3SSが16ポイントで首位を走っている。本来は22ポイントだったが、Power Playsの試合が無効となった形だ。Oddity Esportsも同じく勝ち点16で、こちらは2位となっている。Mindfreakは1ポイント差で3位についている。

しかしOddityとMindfreakは、首位と3ポイント差で4位となっているFnaticよりも、また現在首位のWildcardよりも2マップ分多くプレイしている。実際この上位4チームは距離が近く、引き離されている下位の3チームは、残りの6マップで全力を出し尽くして幸運を引き寄せたいところだ。

現時点でのANZプロリーグの順位表

今週FnaticはMindfreakと対戦する。試合は恐らく接戦となるだろう。キャスター陣のうち二人は両マップとも引き分けになると予想しているが、大半はFnaticがSix Masters優勝の勢いを継続しての圧勝に期待している。新たにWildcard Gamingとして契約したチームはOddity Esportsと対戦。この試合が今夜のベストマッチになると思われる。最下位のTeam SiNisterは何が何でも、Team CryptiKに対してこれまで以上の高いパフォーマンスを発揮していきたいところだ。

Power Playsが解散したこともあり、FURYはリング外で座して試合のときを待っている。今週の各試合は9月18日と19日、Rainbow6ANZのTwitchチャンネルで、日本時間の午後6時から配信される。

Japan

日本ではCyclops Athlete Gaming (CAG) が、シーズン10APACファイナルズに出場することが確実視されており、唯一のライバルと言える野良連合には4ポイント分の水をあけている。現在の日本チャンピオンである野良連合にとっては、爆発力のあるフラッガー"Ramu"ことマツオカ・リュウキが、新人のMaaviと交代して早々のリーグ戦となる。しかしFAV Gamingもそれほど離れておらず、GUTS Gamingはシーズン序盤の勢いに比べてナリを潜めている。

現時点での日本プロリーグの順位表

順位表の下半分にいるチームは大きな差をつけられている。GUTSとDetonatioN Gamingの差は6ポイント。DreamHackに二度出場した父ノ背中は、依然として今シーズンの最初の勝ち点を求めているところだ。これらのことを鑑みると、ロースター変更のあった野良連合も、水曜日の試合では両マップともに勝利すると見るのが安牌だ。しかしキャスター陣のうち二人は、最低でも1マップは引き分けになるのではないかと疑っている。

CAGと対戦するFAV Gamingにはここから破竹の勢いでの上昇が期待されているが、勝敗予想では大部分が、両チーム1マップずつ分け合うのではないかと見られ、意見が割れている模様だ。UnsoldStuffGamingはDetonatioN Gamingに勝って、最低でも今シーズンのポイントを倍にしていきたい。一方でGUTSは、Lamy Wonderlandとの対戦では圧倒的に有利と見られている。

今週の試合の結果次第では、上位チームがほぼ固まる。CAGの首位陥落とまではいかなくとも、野良連合とFAVとGUTSとで、APACファイナルズへのもう一つの席を賭けて争っていくことになる。

今週のプロリーグの試合は、9月18日と19日、Rainbow6JPのTwitchチャンネルで、日本時間の午後9時から配信される(日本語のみ)。同チャンネルでは過去の試合も視聴できる。

Korea

韓国のプロリーグ戦は来週まで延期となり、試合は9月24日から27日にかけて行われる。Cloud9はTRIPPYとSCARZを両方とも2-0で倒すことが予想され、TRIPPYはSCARZに6ポイントの差をつけてCloud9を追撃中。目指すはAPACファイナルズだ。そのためにも、SCARZに0-2で敗れるようなことは避けなければならない。

韓国プロリーグの現在の順位表

来週の火曜日に再開する韓国プロリーグでは、まずCloud9対Team uRが行われる。その後はSCARZ対TRIPPY、Cloud9対TRIPPY、そしてCloud9対SCARZが数日かけて順次行われる。

Southeast Asia (SEA)

東南アジアでは、Scrypt E-Sportsがプロリーグ後半戦への参加資格を失った。これにより彼らの全試合結果が無効になり、順位表も動くこととなった。

ポイントを再集計した後の、東南アジア・プロリーグの順位表

Xavier EsportsとAerowolfが依然としてそれぞれ1位と2位だが、その下の全チームは、3位だったScryptがいなくなったことで一度に順位が繰り上がった。シーズン9のときはXavierとAerowolfが難なくシーズン9APACファイナルズに出場したのとは裏腹に、リーグ降格を避けたいLuminescentには苦しい戦いが待っている。

今週、Aerowolfは計算上、Luminescentから6ポイント丸ごと頂戴することでAPACファイナルズへの出場権を確たるものにできる。その次の日の試合で、Team MBTがLeseの6ポイント獲得を阻止し得るからだ。Team Voidは今週、NEX Esportsとの試合に臨む。Xavierは対戦予定だったScryptがいなくなったので、試合はもう一週間お預けとなる。

東南アジア・プロリーグの全試合は9月18日と19日、Rainbow6SEAのTwitchチャンネルで、日本時間の午後8時から配信される(英語のみ)。同チャンネルでは過去の試合も視聴できる。

---

プロリーグに留まらず、APACで行われるあらゆる試合の情報はSiegeGGを毎週チェックしに来て欲しい。来週以降の注目点もこのサイトからお届けしよう。